診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

診療放射線技師と臨床検査技師の違い

仕事内容の違いは?

放射線技師の仕事内容

診療放射線技師の仕事は、病気の診断、発見に役立つ画像検査と、がん治療や痛みの軽減、症状緩和のための放射線治療があります。

画像検査では、早期発見や病変部の大きさ、形などを示し治療に役立ちます。医師やその他医療職種と連携してチーム医療の一員として、やりがいを持って仕事ができる職種です。

小さな病変を、早期で発見できれば、患者さんの命を救う手助けができ、深い知識を勉強すればさらに仕事が面白くなります。

no-img2

また、放射線治療は、がん治療を行うなど治療としての1つになるため、患者さんからの信頼感が大きく、その期待に添うことが放射線技師としての仕事の魅力です。


臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の仕事は、大きく分けて検体検査と生理機能検査の2つがあります。検体検査は、患者さんから得た検体と呼ばれるものを調べて、患者さんの目に見えない状態を数値として示します。

検体とは、たとえば血液、脊髄液、便や尿、痰などがあります。他にも、手術で得られた細胞や組織を調べる検査(病理検査)もあります。

生理機能検査は、心電図や呼吸機能、脳波など、患者さんに直接検査を行い、得られた情報から機能等を把握する仕事があります。

目に見えない情報を取り扱うことは医療においては非常に重要で、様々な数値があり、病院や検診センター以外にも、保健所や企業で働くことも可能です。

no-img2

検体をいかに正確に数値で出すかが一番大事ですが、心電図や呼吸機能などの生理機能検査もあり幅広い検査を取り扱うため、やりがいがある仕事となっています。


臨床検査技師と放射線技師の仕事内容の違い

臨床検査技師は、患者さんから得られた検体を調べて数値を示してあげるという仕事ですが、他にも患者さんへ直接検査を行い、生理機能検査を行う部門もあります。

放射線技師は、各検査で患者さんと接することがあり、検査の短い間で患者さんと信頼関係を作って検査を行うのことが重要です。

放射線技師は、一方で、病院において患者さんとコミュニケーションをとることで、スムーズな検査、よりよい検査をすることが求められています。コンピューターやパソコン、機械を取り扱うため、理系が好きな人や得意な人は楽しみながら仕事ができます。

臨床検査技師と比較して、放射線技師はどの検査でも患者さんと接するため、臨床検査技師よりも患者さんとのコミュニケーションが必要と言えます。他にも、この2つの職業は仕事は異なりますが、チーム医療の一員として働くため、他職種との連携も大事です。

学校入学の難易度・偏差値の違いについて

「大学入学」の難易度・偏差値の違いは?

臨床検査技師 放射線技師
難易度 ★★★☆☆ ★★★☆☆
偏差値 50台~60台 50台~60台

放射線技師と臨床検査技師は、偏差値についてはそこまで差が無いです。

臨床検査技師の方がやや学校数が多いですが、難易度はほぼ同等程度であると思います。

臨床検査技師も放射線技師も、まだまだ世間的認知度が低いことと、近年大学が増えてきているため、選択肢の幅が広くなりました。


「専門学校入学」の難易度・偏差値の違いは?

臨床検査技師 放射線技師
難易度 ★★★☆☆ ★★★☆☆
偏差値 40台後半~50台 40台後半~50台

臨床検査技師、放射線技師ともに偏差値の差はほとんどありません。

また、両科が併設している専門学校も数校あります。大学と同様に、臨床検査技師の学校数が多いので、選択肢は広いです。

どちらの学校も、大学と比較すると難易度は低くなるため、受験対策次第では合格できる学校が多いのが特徴です。


「短大入学」の難易度・偏差値の違いは?

放射線技師の短大は現在1つであり、臨床検査技師の短大も少しずつ減少しています。

大学を目標とした滑り止めとして受験する学生が多いため、専門学校よりはやや難易度が高いです。比較にはなりませんが、臨床検査技師の短大の方が偏差値はやや高いです。

学費の違いについて

「大学」の学費の違いは?

臨床検査技師 放射線技師
学費 国公立大学)
250~300万円程度
私立大学)
500~600万円
国公立大学)
250~300万円程度
私立大学)
500~600万円

国公立大学の学費に差はありません。

学費の違いはほとんどありません。国公立大学、私立大学ともに、同じ学部に入ることが多いため、差がない大学が多いです。


「専門学校」の学費の違いは?

臨床検査技師 放射線技師
学費 250~350万円程度 300~350万円程度

放射線技師と臨床検査技師は、同じ専門学校であれば同等の学費となっています。

全国の専門学校をみても大きな差はなく、年間100万~150万程度となっています。また、臨床検査技師の専門学校には県立大学校の専門学校があり、年間かかる学費が安くなっています。


「短大」の学費の違いは?

放射線技師も臨床検査技師の短大も、学費はおよそ年間100万~130万です。

3年間のため、大学よりも総額が安く済むのが特徴です。短大は数が少ないので、短大との比較よりも専門学校や大学と比較することが多いです。

国家資格の難易度(合格率・受験者数)
の違いについて

臨床検査技師 放射線技師
国家試験合格率 70~80% 70~80%
受験者数(2017年度) 4,829人 2,971人

国家資格の難易度の違いは?

臨床検査技師の学校数の方が多いため、平均して4000~4500人近い受験者がいます。一方放射線技師は、それと比較してもやや少ない2800~3300人です。

合格率は、臨床検査技師と放射線技師でそこまで大きな差はなく、それぞれ70~80%と同程度となっています。

受験者数からみると合格者数も放射線技師の方が少なく、難易度は合格率だけをみると、放射線技師の方がやや難しいということになります。

需要・就職の難易度の違いは?

放射線技師は、近年大学が増えてきて、国家試験の受験者数も増加しています。

このことから、合格者数も年々増加傾向にあります。就職率は高いですが、放射線技師の人数が増加傾向にありますので、就職先の募集が少なくなり、需要が少しずつ減っていくと予想されています。

臨床検査技師も学校数が多いため、合格者数も多いです。そのため放射線技師と同じことが言えます。

しかし両者ともに、病院希望でなければ、健診センターやクリニックなど、まだまだ需要があります。就職難易度については、これも放射線技師と臨床検査技師同様のことが言えます。病院の定員が決まっているため、人気がある病院はなかなか枠も空かず、応募もありません。枠が空いても、その一人の枠に多数の応募があるため、倍率が高くなってしまいます。

両資格ともに、近年女性が増加しています。臨床検査技師は女性がやらなければならない業務というのは少ないですが、放射線技師は、女性への検査があるため、女性の方が就職では有利となっています。どちらの資格も国家試験合格者の就職率は100%近いため、専門と大学の差はありません。

給料・年収の違いは?初任給は?

給料や年収は、そこまで違いはないと言えます。

初任給も変わらず、病院によっては夜勤や休日出勤、当直など当番で回すので、月数回の手当が貰えます。

この両者の違いは残業の多さによって、給料が変わります。残業の多さも部署や病院によりけりなので、どちらが多く貰えるかという明確なものはありませんが、長引く検査が入ったり、手術に入ったりする放射線技師の方が場合によっては高い給料になると予想されます。

どっちの方が残業が少ない?

臨床検査技師も放射線技師も、前述したとおり残業はあります。

とくに臨床検査技師は定時外の依頼もありますので、それに対応するために残業する技師さんも多く居ます。

放射線技師は、夜勤がある病院は夜勤者に時間外での依頼は行いますが、その日の予約が多く入るMRI検査や検査や治療が長引くことがある血管造影検査、また時間外での機械の確認業務がある放射線治療などは残業になる部署です。

病院によって残業があるかないかは決まりますので、就職する際には、ポイントとするべき要素となります。

それぞれの適正は?
向いている人・向いていない人

放射線技師は、どの部署でも患者さんと対面することが多く、二人体制で1つの検査を行うなど、コミュニケーションを要する場面が多いです。

臨床検査技師は、生理機能検査の場合は患者さんとのやりとりがありますが、検体検査では、患者さんから摂取したものの検査をするため、部署によってはコミュニケーションを必要としないこともあります。

しかし、放射線技師は選択しようと思えば、自分が好きな装置を極めることもできるので、仕事の選択肢はあります。

つまり、コミュニケーションがより多く重要になってくるのは、放射線技師です。また、この両者ともに、コンピューターを利用することや、精密機械やパソコンを取り扱うため、機械に強いことやパソコンが好きなことは仕事をする上では大切です。もちろん理系的な発想も必要になるので、理系が強い人は向いている職業と言えます。

まとめ!臨床検査技師と診療放射線技師の早見比較表

臨床検査技師 放射線技師
入学難易度
/偏差値
大学|50台~60台
短大|40後半~50台
専門学校|40台後半~50台
大学|50台~60台
短大|-
専門学校|40台後半~50台
学費 国公立大学
250~300万円程度
私立大学
500~600万円
短大

専門学校
国公立大学
250~300万円程度
私立大学
500~600万円
短大
300万円程度
専門学校
250~350万円程度
国家試験
難易度
合格率
70~80%
合格率
70~80%
受験者数 約4,000人 約3,000人
就職難易度 ★★★☆☆
需要と供給のバランスがいい
★★★★☆
需要が少なく供給が増加傾向
新卒初任給 20万円前後 20万円前後
※少しずつ年収増加
平均年収 470万円前後 520万円前後
残業 残業|ある場合が多い
夜勤|病院・検査センターの場合あり
残業|ある場合が多い
夜勤|病院の場合あり
向いてる
適性
データを採ること、
数値が好きな人は向いている
理系も好きでコミュニケーションが
好きな人が向いている

いかがでしたでしょうか?いずれも大変やりがいのある職業です。「それぞれの職種・資格について詳しく知りたい!」という方は、以下もご参考ください。

診療放射線技師をもっとくわしく!

臨床検査技師をもっとくわしく!

ページのトップへ