診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

治験業界で治験コーディネーターとして働く診療放射線技師

治験業界で働く診療放射線技師

診療放射線技師が治験業界へ転職できる可能性がある職種として主に2つほどございます。

ひとつは治験コーディネーター(CRC)と呼ばれる治験を実施する病院側の治験業務のサポートするお仕事です。もうひとつは臨床開発モニター(CRA)と呼ばれる治験を実施する医療機器や製薬会社のサポートします。
診療放射線技師が臨床開発モニター(CRA)へ転職する場合、新薬より新しい医療機器を担当するケースが多いようです。

では、この治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)について、それぞれの働き先や仕事内容をはじめ、転職する上でのメリットや求人状況など転職するうえで役に立つ情報を、お伝えします。治験業界への転職をご検討の際に、お役立てください。

もくじ

治験業界の働き先

まず治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)ですが、それぞれ働き先は異なります。治験コーディネーター(CRC)は治験を実施する病院やクリニックといった医療機関が勤務先となります。対して、臨床開発モニター(CRA)は主に所属する企業での勤務です。

治験業務は製薬企業や医療機器メーカー、医療機関はそれぞれの治験に関する業務を業務代行を行っている企業へのアウトソーシングの流れが大きくなっております。治験業界を未経験で転職する場合、この代行している企業へ転職するケースがほとんどです。

ただ、治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)の職種により、それぞれ異なります。

治験コーディネーター(CRC)の場合

治験コーディネーター(CRC)の場合は、SMO(治験施設支援機関)企業と呼ばれる治験の仕事を支援する民間企業です。SMO(治験施設支援機関)企業は病院やクリニックといった医療機関の治験を請け負います。SMO(治験施設支援機関)企業が提携している病院やクリニックといった医療機関の勤務が中心となります。様々な医療機関で就業できるということが特徴として、挙げられます。

また治験を実施している病院やクリニック内での直接雇用もございますが、治験コーディネーター(CRC)の経験者を求めていることが多いため、未経験から転職となるとかなりの狭き門となります。

そのため、治験コーディネーター(CRC)への転職はSMO(治験施設支援機関)企業に転職して治験コーディネーター(CRC)としての経験を積むことが一般的のようです。

臨床開発モニター(CRA)の場合

基本的には治験コーディネーター(CRC)と同様、製薬会社や医療機器メーカーではなく、治験のアウトソース先の企業への転職というのが一般的です。臨床開発モニター(CRA)の場合は、開発業務受託機関(CRO)と呼ばれる企業への転職が一般的となります。

また診療放射線技師の場合、画像解析技術を活用する開発業務受託機関(CRO)での活躍もできます。CRO(開発業務受託機関)の働き先はアウトソース企業で直接働く受託型と製薬会社や医療機器メーカーに出向して働く派遣型と2種類ございます。

いずれも東京や大阪といった都市部で拠点を構えており、勤務も拠点での勤務がほとんどとなりますので、地方で長期勤務することはほとんどない状況です。

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーター(CRC)は、製薬メーカーや医療機器メーカーなどから新たな商品を市場に出すために、治験という臨床試験を病院やクリニックなどの医療機関で行います。この臨床試験を円滑に進める役割が治験コーディーネーターのお仕事です。

具体的には、治験の準備をはじめ、治験に参加する患者さん(被験者)の説明や参加された患者さんのケア、医師をはじめ、治験を行う医療現場のサポートと製薬メーカーの方との治験の進捗状況などにおける打ち合わせなど多岐にわたります。

治験を行うことによって発生する様々な調整をこなすことが求められます。様々な医療現場の方とコミュニケーションをとって仕事をすることが好きな方や薬の開発に興味がある方には、やりがいのあるお仕事です。

臨床開発モニター(CRA)の仕事内容

臨床開発モニター(CRA)の仕事内容は、新薬や新しい医療機器が市場へ出す仕上げの部分となります。新しく開発された薬や医療機器がヒトにとって効果や効能性があり、安全に使用できるかを科学的に証明するお仕事です。

具体的には、治験実施前の治験実施施設や担当医師の選定、治験実施時に正しく治験が実施できているかどうかを確認するモニタリング、治験が終了した際に症例報告書(CRF)と残量治験薬や治験資材の回収し、データを取りまとめ、厚生労働省に提出するまで幅広くございます。

治験コーディネーター(CRC)より治験全般に携わりますので、仕事としては大変な反面、やりがいや待遇も大きいことが特徴として挙げられます。

診療放射線技師が活かせる経験

診療報線技師が治験業界へ転職するうえで活かせる経験は次の通りです。

カルテ判読経験

診療放射線技師が撮影業務の中で、カルテ判読をする機会も多々あると思います。このカルテ判読の経験は、治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)でも十分活かせます。

医師や医療従事者とのやりとり

治験コーディネーター(CRC)も臨床開発モニター(CRA)いずれも医師とのコミュニケーションは往々にしてございます。特に忙しい医師とのやりとりは、一般職とのやりとりと異なるため、それなりの経験が求められます。

医師とのやりとりをしてきた診療放射線技師は、この経験を活かすことができます。

画像診断(所見)の経験

画像診断(所見)の経験は、画像解析技術を活用するCRO(開発業務受託機関)にて活かせます。画像診断は医療従事者の中ですと診療放射線技師が中心となるため、画像診断の経験を活かした転職をお考えであれば、臨床開発モニター(CRA)の転職を視野に入れてみては如何でしょうか。

治験業界の給与状況

治験業界を未経験から転職した場合、治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)の初年度の給与は次の通りです。

治験コーディネーター(CRC)<SMO企業の場合>
  • 初年度月給:20~25万円
  • 初年度賞与:基本給2~4ヵ月程度(40~80万円:年間平均)
  • 初年度年収:280~400万円
臨床開発モニター(CRA)<CRO企業の場合>
  • 初年度月給:23~27万円
  • 初年度賞与:基本給2~4ヵ月程度(40~150万円:年間平均)
  • 初年度年収:350~450万円

転職した初年度は年収が下がる傾向にございますが、昇給は医療機関より大きいことが多いことから3年後の年収は500万円を超える可能性も十分あるため、長い目で見ると年収が上がる可能性が高いといえるでしょう。

治験コーディネーター(CRC)の求人状況

診療放射線技師から治験コーディネーター(CRC)への未経験求人数は一般的にはかなり少ないようですが、診療放射線技師の方でも治験コーディネーター(CRC)として活躍できる機会が増えてきました。従来、治験コーディネーターの業務を行う際に有利だと言われている資格は、看護師、臨床検査技師、薬剤師のバックボーンをお持ちの方の採用を中心に行っていたためです。

治験コーディネーターは薬事法や医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)という規則を遵守する必要があるため、どうしても看護業務や検査値判読、薬学の知識のほうが治験コーディネーター(CRC)に必要としておりました。

しかしながら、診療放射線技師の資格をお持ちになり日頃から医師や医療従事者とのコミュニケーションを取りながら「患者さんとの診療行為業務」が活かせる為、未経験募集となるケースも増えてきました。

募集エリアは、東京や大阪、名古屋といった都市部での募集がほとんどですが、治験コーディネーター(CRC)としての経験を積まれると全国各地での募集に対して転職も可能です。

臨床開発モニター(CRA)の求人状況

診療放射線技師から臨床開発モニター(CRA)への未経験求人は治験コーディネーター(CRC)同様、かなり少ない状況です。しかしながら、画像解析技術を活用する開発業務受託機関(CRO)企業であれば、積極的に未経験採用を行っております。

また以前と比べて、一般の開発業務受託機関(CRO)企業も未経験の診療放射線技師も受け入れるところが出てきました。

募集エリアは東京と大阪のみとなります。

応募できる求人にも限りがございますので、応募するときは万全の準備のうえ、挑戦するようにしましょう。

治験コーディネーター(CRC)へ転職するメリットとデメリット

転職するメリット

  • 診療放射線技師として、医療現場における経験が活かせる
  • 他の職種に比べて、残業が少ない
  • 夜勤勤務はない
  • 自らが携わった新薬が世に出る時など、長期的な視点で社会貢献でき、やりがいを感じやすい
  • 自分自身の仕事の裁量が大きい為、スケジュール調整がしやすい

転職するデメリット

  • 担当施設は選べない為、自宅から通いにくい施設を担当することもある
  • 初年度の給与は下がる可能性が高い(初年度年収:約280~350万円)
  • 定時に退勤できるケースが殆どない為、柔軟に対応する必要がある
  • ※月平均の残業時間:20時間
  • 担当する施設やプロトコールにより、早出などになることもある
  • 放射線技師としての撮影業務に携わることができない
  • 薬の知識をはじめ、常に覚えていかなければならないことが多い
  • 病院内のスタッフや患者さんとの調整のストレスが大きく、精神的に疲れる
  • 書類作成をすることが多いので、事務作業が多く慣れないときは残業も発生
  • 症例獲得を追っていくことがあり、数字対するプレッシャーがある

臨床開発モニター(CRA)へ転職するメリットとデメリット

CRAに転職するメリット

  • 臨床現場よりも初任給が高い(400~550万円)
  • 他の職種に比べて、残業が少ない
  • 夜勤勤務はない
  • ライフプランに合わせた働き方が可能な企業がある (在宅勤務や時短勤務)
  • 土日祝日が休みの企業が多い
  • オフィス勤務が中心(内勤6割:外勤4割)
  • 画像診断の経験が活かしやすい(画像診断に特化しているCRO)

CRAに転職するデメリット

  • 臨床行為に携わることができない
  • 撮影に関するスキルアップが出来ない
  • 資格を活かす機会がほとんどない
  • 被験者(患者)と関わる機会がない
  • 新薬が市場に出るまで数年の時間がかかる為、モチベーションを保つことが難しい
  • 治験責任医師や医療機関との交渉や折衝が多い
  • 残業が多い(月40~60時間前後)
  • 出張、移動が多い(新幹線、飛行機での移動もある)
  • 体力的な負担が多い
  • 出張や残業が多い為、家事や育児との両立が難しい

診療放射線技師が治験業界への転職におけるアドバイス

診療放射線技師が治験業界へ転職するのは受け入れている求人数が少ないこともあり、転職できる可能性はそれほど高くはありません。治験業界への転職を成功するためには、希望する職種の仕事内容を理解することとその仕事をなぜ携わりたいと思ったかを説明できるかどうかが求められます。

また治験業界のお仕事は、主にコミュニケーション力が重視されますので、コミュニケーション力が試される仕事と覚えておいたほうがいいでしょう。

治験業界への転職の場合、診療放射線技師の資格が活かせなくなります。そのため、治験業界への転職は、診療放射線技師の資格を捨てる覚悟で転職を臨まれた方がよいです。

給与アップを狙った転職をお考えであれば、臨床開発モニター(CRA)、患者様との近い立ち位置で仕事をしたい場合は、治験コーディネーター(CRC)を検討してみては如何でしょうか。

弊社の診療放射線技師の転職支援でも診療放射線技師が治験業界への転職支援の実績は多数ございます。実際に自分が治験業界へ転職できるのか。転職して活躍できるのか。などの転職前のご相談がございましたら、転職サポートのお申込みください。

無料登録はこちらから

ページのトップへ