診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

診療放射線技師の大学院

先に心構えを…大学院に行くデメリット

「就職か?進学か? 研究がしたくて大学院に行きたいけど、友達は就職する人がほとんど。どうすべきか迷ってる…」

そんな学生さんのお悩みを解決するべく、実際に大学院に進学した先輩技師さんから、大学院に進学するメリット・デメリットをお聞きしました!

まずは
「進学してから、後悔しないよう知っておいてほしい!」
「こんなこともあるんだ!って心構えしてから進学してほしい!」
と経験談から話をしてくれた、大学院のデメリットからご紹介します。

大学院進学のデメリット

研究がしたかったけど…

  • 研究だけでなく、論文作成が想像以上に大変!
  • やりたかった研究が、思うように行かず、くじけそうになることもある
  • 先生に、研究の進め方について注意や指摘を受けることも

時間やお金が

  • 勉強会や学会参加のため、土日も時間がなくなったりする
  • お金(学費等)がかかる
  • 研究や勉強に追われ、遊ぶ時間が少なくなる
  • 仕事しながら大学院に通うと、なおさら時間がない!

大変なのは研究だけじゃない

  • 学会発表があるため、人前で話すことが苦手な人は、慣れるまでが苦痛…
  • 英語が苦手な人は、慣れるまで英語論文を読むのが大変
  • できる限り学会に一緒に参加するなど、先生や周囲と足並みをそろえる必要がある

いかがでしたか?

先輩技師さんのお話にある通り、大学院は思っている以上に多忙!と心構えをした上で、進学した方がよさそうです。

「就職するより楽…かも?」という気持ちで進学した先輩技師さんは、研究・論文・学会などなど…忙しさに驚いたとの声も。

「そんなに大変なんだ…」と思った学生の方もいるかもしれません。
しかし、大変なことはあるけれど、大学院に行っておいて良かった!という先輩の声もたくさんあるんです!

続けて、大学院進学のメリットについてご紹介します▼

苦労の価値あり!大学院進学の「メリット」とは?

大学院進学のメリット

専門的知識と人脈が広がる!

  • 専門的な知識の習得ができる
  • 視野が広がる(今まで気がつかなかった検査・治療などの発見などがある)
  • 他の放射線技師や、放射線技師の世界で有名な人や偉い人との繋がりや関係が広くなる
  • 研究費を利用し、地方学会、海外への学会参加が可能(大学院による)
  • 論文作成の技能や、知識を身につけることができる
  • 研究のためにもより知見を広げたいと思うようになり、学会参加に意欲的になる

大病院への就職に有利

  • より大きな病院(大学病院等)への就職に有利
  • 就職先の幅が広がる(放射線技師関連の教育施設、放射線学科の大学教員、研究職など)
  • 学歴に箔が付く

大学院を卒業したあと

  • 学術的な見解ができるようになる
  • 専門的な知識を身に付けているので、自信がつく
  • 仕事に対するモチベーションがあがる

いかがでしたでしょうか?

大学院に進学することで、就職する道では出会うことのなかった人脈が広がったり、大学病院などの大きな施設への就職の可能性が上がったりと「研究ができる」以外のメリットもたくさんあります。

「デメリットなど、大変なこともある!ということを踏まえた上で、それでも自分は勉強をするために大学院に進学したいのか?」ということを、再度、後悔のないようにご自身で考えてみてくださいね。

大学院を卒業後、
放射線技師の就職先は?

大学病院、国公立病院が主な就職先

大学院卒後の進路としては、ほとんどの場合、大きい施設(大学病院、国公立病院、市立病院等)へ入職することが多いです。

大学生よりも2年分の知識があるため、病院側にも「勉強熱心な子だな」という印象を与えることができます。


研究所など企業で働くの道も

そのほかには、企業への就職もあります。大学院で培った知識や研究が役に立ち、企業側にとっても必要な人材となります。

企業では、研究開発チームに所属することや、営業、装置の操作説明など、様々な場面で放射線技師とやりとりをすることが多いです。

他にも、研究職に就き、研究続けていく放射線技師や、大学や専門学校などの教員として就職することもあります。

「大きな病院、企業、研究所で働きたい!」という方にとっては、就活も有利になるため、大学院へ行く人も近年では少しずつ多くなっています。

no-img2

また、初任給の面では、大学院の2年間を放射線技師の経験年数として2年分上乗せしてスタートする施設が多いです。

大学院に進学する上で、かかる学費は?

学費は国公立大学で約60万円/年、私立は?

大学院に進学する上でかかる学費は、入学金と授業料や施設費2年(修士課程)または3年(博士課程)です。

修士課程と博士課程は、1年分にかかる学費は同じです。
国公立大学では、おおよそ年間60万程度私立大学では、おおよそ100万程度なので、差はあります。

社会人の放射線技師でも、働きながら大学院に行けるの?

社会人向けの大学院カリキュラムが多数!

大学院では、近年社会人向けの大学院カリキュラムを導入している学校が多くなっています。

このため、卒業に必要な単位を得るための授業が、ネットを使った講義や、18時以降からの講義があります。

ネットを使った講義は、自分のペースで講義を受ければよく、18時以降からの講義であれば、仕事終わりに間に合うことがほとんどです。

残業のときは?卒業論文はどうしてる?

もちろん、残業等がある放射線技師ですが、残業で行けなくなった講義や、遅刻した講義は、理由を担当教員に伝えることで、理解してくれますので、多少の融通は利くと思います。

卒業論文の作成においては、研究の進み具合や論文の作成状況など、指導してくれる先生とはメールでやりとりする場合がほとんどです。定期的に先生と直接会って話し合うこともありますが、仕事をしているため、空いた時間を見つけて行います。

社会人の場合、業務後に職場で研究を行うことも

研究に関しては、自分が働いている病院で出来る研究がほとんどなので、仕事終わりに少し研究を進めて帰るなど、こちらも自分のペースで進めていくことができます。

社会人になって大学院に行くことは、多くの場合、限られた時間(働いてる時以外)を使って講義を受けたり、研究を進めたりするので、時間に余裕がなくなってしまいます。

しかし、それでも大学院に行くことは、スキルアップや視野を広けることに繋がります。

大学院で取得できる、医学物理士ってどんな資格?

放射線技師の代表的な認定資格の中で、大学院を卒業していることが「認定試験を受ける条件」に入っているのが『医学物理士』です。

医学物理士とは?

この医学物理士は、放射線技師の医療行為が適切かどうか、医学物理学という視点から専門家として貢献するという資格です。

主に現在では、放射線治療分野においての業務が確立されており、病院でも重要な役割を担っています。

認定試験の受験資格として、認定機構が認めている医学物理教育コースを終了するか、理工学系か放射線技術系の修士や博士の学位を取得するなどがあり、基本的には大学院を修了していることが条件になっています。

医学物理士の難易度や合格率、就職は?

医学物理士は資格取得の難易度が高く、試験も難しいため合格率も低いです。

医学物理士として働くには、今の日本では狭き門となっており、医学物理士としての求人は少ないです。

ですが、求人のニーズは増えており、放射線技師として医学物理士を取得していると、放射線治療分野で活かせるため、放射線治療部門が設置してある病院での就職には大変有利といえます。

また、がん専門病院では、独自に医学物理士としての業務があるため、医学物理士として就職することが可能です。この場合も、放射線治療部門の医学物理士という肩書きになります。

医学物理士を持っていると、給与に反映される?

医学物理士の認定資格を取得している人は少なく、希少な人材となるため放射線治療の分野に就職した場合、平均よりも給与は高い傾向です。

医学物理士を持っているだけで、他の放射線技師さんからは「この人はすごい人なんだ。勉強できる人なんだ。」と思われることが多いです。それぐらい、取得が難しい資格ですが、チャレンジすることでは自分のためにも、患者さんのためにもなります。

進学先を探す!診療放射線技師の大学院一覧

国公立大学

北海道大学、弘前大学、東北大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学、首都大学東京、新潟大学、金沢大学、名古屋大学、大阪大学、岡山大学、徳島大学、九州大学、熊本大学

私立大学

北海道科学大学、つくば国際大学、国際医療福祉大学、杏林大学、駒澤大学、帝京大学、北里大学、藤田保健衛生大学、鈴鹿医療科学大学、岐阜医療科学大学、広島国際大学、純真学園大学、帝京大学福岡医療技術学部、徳島文理大学

診療放射線技師の大学院に関するまとめ

まとめ

  • 大学院へ行くことで、自分にとって様々な幅が広がることや、博士課程まで修了することが出来れば、それだけ周囲からも期待や尊敬されることが多いです。
  • 社会人になってからでも大学院に行く放射線技師は多く、社会人向けのカリキュラムを利用して、空いた時間で大学院に通うことが可能です。
  • 就職や転職も有利になることはもちろん、給与面でも優遇する施設はあります。自分の働ける幅が広がるため、大学院で経験したことは、その先の放射線技師の人生において必ず役に立ちます。

診療放射線技師について
もっと知りたい!

ページのトップへ