診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

転職活動を苦戦されている方必見!20代後半男性の転職成功事例

転職活動を苦戦されている方必見!20代後半男性の転職成功事例

本日も転職成功事例をお届けします。

転職サポート申込みの経緯、打ち合わせ

今回転職サポートをお申込みいただいた方は東京都にお住まいの、20代後半の男性Uさん。

大学卒業後、放射線検査の業務請負を行ってる会社に入社しました。「業務請負」という形態の為、提携の医療機関に出向いて業務を行っていました。入社してから3年。患者様とお会いするのは一回きりでその後の症状を追えないことに物足りなさを感じ、転職を検討したそうです。

求人を探している際に、弊社サイトに掲載していた埼玉県にある脳神経外科クリニックの求人募集にお問い合わせいただきました。しかし、その問い合わせ先にちょうど他の候補の方で枠が埋まってしまった為、募集締め切りの状況でした。

その為、別の求人をご紹介したくご要望を伺ったところ、数ある検査の中で自信のあったMRIに携われる施設、またこれまで通り、日勤帯のみのお仕事をしたいとご希望を頂きました。

転職活動について

MRIに携われる施設ですと大半が当直業務のある病院に限られてしまいUさんの希望とは離れるものばかりでした。

なかなかご紹介できる求人がない中、Uさんが最近ご結婚され、奥様が専業主婦の為、なるべく給与の高い求人が良いのではと思いMRIはありませんでしたがクリニックの中でも給与水準が高い整形外科のクリニックを2件ほどご紹介しました。

ご紹介させていただく中でMRIに携われる日勤のみの求人が少ないことをお伝えしたところご自身でもMRIに携われるクリニックが少ないと理解されておりました。そこで、MRIにこだわらず、探してみたいとお返事を頂きました。そんな中で、ご紹介しました東京都にある土日祝日休みの東京都内にある整形外科にご応募いただきました。

ご応募いただいたクリニック

こちらのクリニックの求人は今年の2月に頂いておりましたが選考が厳しく、半年経った8月の時点でもまだ枠が空いておりました。人物的に非常にしっかりされておりビジネススキルも心得ている方でしたのでその旨も併せて、ご推薦させていただきました。

クリニックからの内定

選考は順調に進み、2回の面接を終えてクリニックから内定が出たUさん。院長先生からは「お若いながらも非常にしっかりされており頑張っていきたいという意欲が伝わりました。」と評価を頂きました。

Uさんのように当初のご希望以外のものも担当のキャリアコンサルタントからご提案させていただくケースがございます。その際は、ご提案させていただいたことについてご自身のお気持ち、ご感想をお聞かせください。

今後ご案内させていただく際の参考にさせていただいた上でよりご希望に近いものや転職についてのアドバイスをさせていただければと思います。特に、転職活動を進めるにあたり苦戦している方がおりましたらお気軽にご連絡ください。

転職アドバイス – バックナンバー