診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

年収150万円ダウンの転職成功事例

年収150万円ダウンの転職成功事例

転職が決まられたのは、東京都在住の40代男性Tさん。現在の病院では15年以上勤務しており 一般撮影、CT、MRI、骨塩定量などに従事しています。

これまで長年、月5~6回のオンコールに対応してきましたが体力的に負担になってきた為、日勤帯で勤務したいという理由で 転職活動を始めることとなりました。

Tさんは、転職サポートをお申込みいただいた際、ご自宅から自転車で20分圏内の整形外科のAクリニックにご応募希望を頂いておりました。ご応募いただいたクリニックの書類選考が通過し、ご面接になりましたが他の候補者で採用が決まってしまった為、残念ながら、お見送りの結果。私共からは転職活動のお打合せの際、万が一、Aクリニックがお見送りだった場合は、Bクリニックに応募してみてはいかがでしょうかという提案をしました。

Aクリニックはご自宅から近い点ということから志望度が高かったのですが候補者が多数いた為、採用に至る可能性が高くはありませんでした。その為、同じ日勤のみで通勤は電車とバスで50分程度の整形外科のクリニックをご紹介したところ応募の意思を頂きました。

Aクリニックは残念ながらの結果でしたが結果の連絡を頂いたその日にBクリニックへの書類選考ができた為、非常にスムーズに転職活動が進められました。転職サポートをお申込みいただいてからご転職先が決まるまで3週間。1施設目がお見送りになったにも関わらずこの期間でご転職先が決まるのは非常に早いケースです。

また、Tさんは年収を150万円近く下げてのご転職でしたが「日勤帯のみ」という希望条件を最優先に絞って転職活動を行ってきましたので内定が出たその日に、ご入職の意思を頂くことができました。

今回は、退職時期が決まっている中で次の転職先を早く決める為にTさんと一緒に転職活動の進め方を決めていきました。また、転職活動の優先順位も一つに絞って進めていた為、ご転職先をすぐに決めることができました。

転職活動はスムーズに進むことばかりではありません。しかし、優先順位を一つに決めることや転職活動の進め方をコンサルタントと一緒に決めていくことで良い方向に進むこともあります。既に、転職サポートをお申込みいただいている方でご転職活動のお打合せがまだの方は是非、この機会にご連絡ください。ご転職活動が上手く行かずにお困りの方がいらっしゃいましたらまずは、弊社の転職サポートにお申込みいただけますと幸いです。本日は以上です。

転職アドバイス – バックナンバー