診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

1月の転職市場の状況

診療放射線技師 2019年1月の転職市場の状況

1月の募集背景は「年末退職者の補充&4月に向けた体制強化」

Q.1月の転職市場の特徴はなんですか?

A.1月は「年末退職者の補充」と「4月に向けた体制強化」、2つの募集背景の求人が多い時期です。

12月はボーナスの支給月。冬のボーナスを貰ったタイミングで、退職の申し出をする・・という方が多くいらっしゃいます。

そのため、年明けから慌てて欠員を補充するため、募集を行う医療機関・企業が増加。中でも企業は、今年採用しようと計画していた採用目標人数に達していない場合、採用活動に追い込みをかけるようです。

上記と同時に増えるのが、4月の事業拡大や体制強化のための採用。
とある企業では、早くも来年度の人員確保を見据え、応募要件を緩和する動きが出てきています。

これまで選考ハードルが高く、応募ができなかった求人にも応募できるチャンスが増える!というのが1月の特徴でしょう。

治験関連企業にて、応募要件が緩和!

Q.今、積極採用中の求人は?

A.現在、治験関連企業が応募要件を緩和し、これまで応募ができなかった方でも、選考に進めるチャンスとなっています!

中でも治験業界最大手の「EP綜合」は、応募要件を「臨床経験3年 → 1年」に引き下げました。4月以降の事業拡大に向け、全国希望で積極採用を行っています。

また、中堅企業の「CTS」では、業務未経験でも応募できる年齢層が広がり、40歳前後まで応募可能となりました。



Q.治験について興味はあるのですが、いまいちよくわからなくて…

A.もし「治験関連企業に少しだけ興味がある」「どんな職業なのか知りたい」とお考えでしたら、治験に関わる仕事について以下のページで丁寧にご紹介しております!よろしければご参考ください。

4月入職を希望される方が、さらに増えています

Q.転職活動中の、ライバルの動きはどうですか?

A.1月は、4月入職を目指して転職活動を行う方が、最も活発になる時期です。
理由としては、やはり「キリのよい4月に入社したい!」と考えている方が多いことが挙げられます。


Q.1月に転職活動を行う上で、意識した方がいいことはなんですか?

4月は「転職活動を行っている方が多い=ライバルも増える」という状況。

実際、給与水準が高いなどの好条件の求人は、募集枠1名のところ5~6名同時に応募しているケースも!
そのため、応募先の情報収集はもちろんのこと、ライバルの動向や面接対策はより念入りに行う必要があります。

また、ライバルとの競争を避け、入職時期を4月ではなくあえて2月・3月に早めることもひとつの手。
「より早く入職し、活躍してほしい!」と考えている施設側のニーズに合致する場合、選考上優位になることもあります。現職の状況なども踏まえ、検討してみてはいかがでしょうか。

1月の転職市場のまとめ

  • 12月に退職の申し出をした方の欠員補充、4月に向けた計画採用求人が増加!
  • 治験業界の応募要件が緩和され、応募できるチャンスが拡大
  • 来年4月入社を希望するライバルが増加。入職月を早める事も検討してみましょう
  • より入念な事前の情報収集、ライバルの動向、面接対策で差がつく!

上記を参考に、1月の転職活動を進めていただければと思います。

転職活動の進め方についてわからない時やお悩みの際には、いつでも診療放射線技師専門のコンサルタントにご相談ください。

【無料】診療放射線技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ