診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

5月の転職市場の状況

診療放射線技師 2019年5月の転職市場の状況

ゴールデンウィークの大型連休で選考がストップ

Q.5月の転職市場の特徴はなんですか?

A.最大10連休となるゴールデンウィークの影響により、企業・医療機関側ともに営業・診療がストップ。そのためこの時期の転職活動は、通常の選考期間よりも時間を要する可能性が高くなります!

実際に、「4月末に応募書類を送った」「面接が終わって結果待ち」「だけどゴールデンウィークに入って、結果がまだ来てない…」という状況の方も多いのではないでしょうか。

「スキル・経験」を求める求人が多く、選考ハードルは高め

Q.5月の求人数の増減はどうですか?

A.緊急性の高い求人が、先月と比較すると増えています。

4月に新卒や中途採用の新たな戦力を迎え1ヶ月が経過しましたが、職場に馴染めずにいわゆる「五月病」に悩まれる方が増えるのもこの時期。

そのため、ゴールデンウィーク明けに退職する方が増え、5月は「改めて人員体制を立て直したい」「そのためにもなるべく早く入職してほしい」という求人が増加するのです。

Q.その他、何か5月の特徴はありますか?

A.5月は、即戦力となる「スキル・経験」を求める求人が多く、総合的に選考ハードルが高い時期になります。

新年度という節目を機に、募集が充足傾向にあった4月。新体制となってから約1か月が過ぎ、「イメージしていた業務や働き方と違う…」と退職を考える方が増えたり、採用側も「新しく入った方が、想定よりも戦力になるまでもう少し時間がかかりそう」などという理由から、求人募集を再開するケースも増えてきます。

そういった求人は、「即戦力=スキル・経験」を重視。そのため「技量」を求める求人が多い傾向となり、選考ハードルがおのずと高くなるのです。

ボーナス後の7月~9月のタイミングで転職を希望する方が増加!

Q.転職活動をされている、放射線技師さんの動きはどうですか?

A.新しい環境に馴染めず、転職の相談にいらっしゃる方が増えています。

ただ、転職時期は「すぐに」ではなく「夏のボーナスをもらった後、7月~9月頃に転職をしたい」という方が多いですね。

そうなると「転職活動はもう少し先!」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、5月から選考を開始すると、6月に内定が出て退職の申し出をし、1~2ヶ月後に新しい職場に移る…というスケジュールになります。

そう考えると、実はあまりゆっくりしている時間はありません。もし、7月~9月に入職したいとお考えでしたら、今月から積極的に求人探し、応募をスタートすることをおすすめします。

まとめ

  • ゴールデンウィークの大型連休で選考がストップ
  • 「スキル・経験」を求める求人が多く、選考ハードルは高め
  • ボーナス後の7月~9月のタイミングで転職を希望する方が増加!

上記を参考に5月の転職活動を進めていただければと思います。

転職活動の進め方についてわからない時やお悩みの際にはいつでもコンサルタントにご相談下さい。

【無料】診療放射線技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ