診療放射線技師の求人・転職支援サービスの診療放射線技師JOB

女性の転職 – 結婚予定、選考で不利になる?

結婚予定、選考で不利になる?育休・産休って、取れますか?

27歳・神奈川県|女性の診療放射線技師さん
長年お付き合いしていた方と、半年以内に結婚する予定があります。
結婚予定があることは、今後の選考で不利になってしまうことや、マイナスな印象になる可能性はありますか?

ご結婚予定があることで、選考において不利になることはありません。

ただ、その後の「ライフプラン」をどうお考えであるかが重要です。

ご結婚というおめでたいことでも、転職を考えるとなると女性の方が、不安や心配になってしまいやすいですよね。

冒頭でお話しした通り、転職活動ではご結婚の後のライフプラン、働き方のほうが重要視されます。少し踏み込んだお話となりますが、 例えば…

  • ご結婚のタイミングでお仕事はどうされるか
  • 今後どの位のタイミングでお子さんをお考えなのか
  • ご出産後、お仕事はどうされるのか

ご自身にとってのお考えと、採用する側の意向が合致するのかが大切なポイントになります。

転職活動をスタートする前に、パートナーときちんと話し合いを。
転職活動をスタートする前に、パートナーときちんと話し合いを。

とある健診施設の人事担当者の方と、お打合せをした際、

「ご結婚の予定があるとおうかがいすると、結婚を機に退職されてしまうのではないか?」
「将来的なご懐妊のタイミングは、どう考えていらっしゃるのだろう…」

と、踏み込んではいけないという前提ではあるものの、実際のところやはり少し気になってしまう…とおっしゃっていました。

ご結婚やお子さまを授かることが喜ばしいことなのは、みなさん共通のこと。人事担当者自身にも、ライフイベントは起こり得ます。お祝いごとが嬉しいのは、人事も同じです。

ただ、雇用する側の視点に立ってみると、「ご結婚による退職、産休・育休=戦力になってくれていた方が、一時期でもいなくなってしまう=人員不足」ともなりかねません。

そのため、新しいお勤め先に入社されてからすぐに退職されてしまうことはもちろんですが、もしお子さんをと考えた際に、目安として1年程度、本音を言うならば2~3年はお仕事を優先してくれるとありがたい…とお考えの医療機関・企業さまは多いようです。

転職活動をスタートする前に、パートナーときちんと話し合いを。
転職活動をスタートする前に、パートナーときちんと話し合いを。

今後のライフプラン・働き方については、入職してから「確認しておけば良かった」とならないよう、転職活動をスタートする前にパートナーときちんと話し合いをして、お考えを摺合せておくことをお勧めいたします。

話し合いのポイント
  • 結婚後も、引き続きお仕事をされるか
  • 今後の働き方について、パートナーとお考えを共有できているか
  • お子さんのタイミング
  • 出産後の仕事復帰について
  • 復帰される場合、お仕事の頻度(勤務日数や時間帯)…など
気になる産休・育休の制度はどうなってるの?
気になる産休・育休の制度はどうなってるの?

また、よく女性の診療放射線技師さんから「この施設では、産休・育休の制度はありますか?」とご質問を頂くことがあります。

産休・育休については施設ごとの制度ではなく、国の法律で定められているものです。この機会に、チェックしてみてはいかがでしょうか。

育休・産休チェックポイント

産前産後休業の制度

  • どなたでも取得できます
  • 雇用する側が妊婦さんを働かせてはいけないという制度です
  • 産前:出産予定日から6週前
  • 産後:出産日から8週間後

育児休業の制度

  • 取得できる要件が決まっています
  • 取得できない方
    • 雇用された期間が1年未満
    • 1年以内に、雇用関係が終了する
    • 週の所定労働時間が2日以下
    • 日単位で雇用されている方
  • 育児休業の期間は、子の一歳の誕生日の前日まで
実際にあった例

Aさんは、結婚にともない、東京に転居され健診施設へ入職。翌月に、ご懐妊されたことがわかりました。
産休に入られるギリギリまで働かれていましたが、雇用されている期間が1年未満で育休の取得権利がないため、やむを得ず退職することとなってしまいました。
このように取得要件が足りておらず、育児休業が取得ができない事例もありますので、事前に要件について把握しておきましょう。

そもそも産休、育休が取得できそうか

本来であれば国の制度のため、どのお勤め先でも取得できなければいけないのですが、限られた人員で業務を対応している場合、
「状況によっては、取得が難しいかもしれない・・」
というお話が出るケースもあります。

そこで事前に確認しておきたいのが、“産休・育休の取得実績”

こちらを参考にすると、取得できそうか、また施設側で人員体制が整っているかどうかを判断することができます。



最後に、ご転職活動サポートをさせていただいた方々について、今回は転職活動で上手くいった例、そうでなかった例、転職活動自体を見送った例と3つ、ご紹介させていただきます。


29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住
29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住

28歳女性|千葉在住
面接でお考えをきちんと伝えられたケース

自分の考えをしっかりと伝え、内定!

3年近くお付き合いされているパートナーの方がおり、将来的にはご結婚を考えられていました。

ご応募された施設の面接で「今後のライフプランについてどのようにお考えでいらっしゃいますか?」という問いに対して

「まずは貴院の一員として業務を優先していくことを第一に考えております。 将来的には結婚や出産も見据えておりますが、復帰して就業していきたいです。」

とお答えし、見事内定を獲得されました。

コンサルタントより

採用する側として最も懸念されているのが、ご結婚やご懐妊・出産を機に「退職されてしまうこと」。

せっかくご縁がありお越しいただいたのに、短期間でお辞めになってしまうことは残念でもあり、人員的な不足で困ってしまいます。

今回のケースでは、最低でも2~3年はお仕事を優先で頑張ってほしいという採用側の意向をご自身だけでなくパートナーの方にも共有し、理解を得られていたことが成功のポイントです。


29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住
29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住

26歳女性|茨城在住
パートナーとの考えに相違があったケース

パートナーの理解を得られず…

ご結婚にともなう転居をされ、再就職先を探されていました。

これまでは病院や院内に併設されている健診施設で幅広い業務経験があったため、経験を活かして新しいことをやりたいと考え、治験業界の企業に応募し、見事内定。

しかし結果的には、パートナーの方の理解を得ることが出来ずに内定を辞退されることになりました。

異業種への転職を検討していることについて、なんとなくお話しされていたものの、出張や残業があることについてきちんとお伝えできていなかったようです。

コンサルタントより

異業種への転職をする際には、事前に私たちコンサルタントからも「ご家族の同意は得ていらっしゃいますか?」とおうかがいさせていただきます。

今回の方は「大丈夫です」と回答を頂いていたものの、結果的にパートナーとの間でお考えに違いがあったため、内定をご辞退される運びとなりました。

これまでと異なる職種となると、働き方の面で大きく変化があるケースもございますので、求人に応募される前にパートナー、ご家族と話し合っておくことをお勧めいたします。


29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住
29歳・女性・診療放射線技師・神奈川在住

37歳女性|東京在住
転職活動を一旦見送ったケース

育児休業の取得を優先

新卒から勤務している病院にて、勤務されて約15年。

1年前にご結婚され、パートナーの方ともなるべく早い段階でお子さんをと考えていました。

現在の病院はお子様が満2歳になるまでは当直を免除してくれますが、将来的にはまた当直のシフトに復帰しなければいけないため、日勤の仕事を希望し転職を考えておりました。

コンサルタントより

将来的なことを見据えて日勤のみのお仕事をご希望されていましたが、「なるべく早いタイミングでお子さんを」を考えている点について、さしつかえない範囲で少し踏み込んでおうかがいさせていただきました。

その理由としては、もしご希望通り、日勤のみのお勤め先に転職されたとしても、その後1年以内に育休を取得することができないという、リスクがあるためです。

改めてパートナーの方と話し合っていただいた結果、転職はせずにしばらく今のお勤め先で勤務し、子育てをする状況になった際に、再度、転職先を検討することになりました。

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した例は、ほんの一部です。

ライフイベントを控えてのご転職や、育休・産休に関することは、ご自身だけではなかなか調べきれないもの。そんな時は、ぜひ一度ご相談いただき、ご状況を踏まえ一緒に考えていけたら嬉しいです。

≫ 転職のご相談はこちらから

バックナンバー
子育てしながら、働ける?
結婚予定、選考で不利になる?
夫に転職の可能性、伝えるべき?
将来のことを考えると、日勤のみの施設がいい?
最初の転職。優先するならキャリア?

サイトトップ女性の転職トップ

ページのトップへ